FC2ブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

HOME > スポンサー広告 > title - スターオーシャン2HOME > [レビュー]SOシリーズ > title - スターオーシャン2

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

スターオーシャン2

jujuju93849.jpg

スターオーシャンシリーズ2作目。スターオーシャン2のレビューです。前作より増したボリュームの多さとシステムの詰め込みがより評価を引き上げた作品のような気もします。




■ストーリー

前作には関わらないストーリー構成で前作未プレイ者にも安心。また、今作も前作同様に背景はほとんど惑星内に絞られており、SFチックなものはあまりないです。

主人公達は男女の二人から選ぶことが出来る「ダブルヒーローシステム」を採用。男性主人公と女性主人公で見えるストーリーの展開が少し変わり、両方をプレイすることで、一つの綺麗な展開を理解することが出来ます。ストーリー終盤になると、このダブルヒーローシステムを演出する場面は少なくなってきますが、複数のマルチエンディング形式を採用し様々なEDを見ることが可能です。「EDの数は86個」
PSPでは更に少し追加されています。

ED調整はある程度可能ですが、1周で見れるEDも10個いかないほど。こう考えるとED面までは気を抜かずに作ってくれています。

終始結末まで完璧に作りこんでいれば、もっと良い評価へとつながったかもしれませんね。

■システム

前作同様(1のPSP)の戦闘システム、基本システム何もかもが同じです。アイテムなどのボリューム。キャラなどのパーティー組み合わせを増やし、よりイベント増加に着手。全体的に1よりもボリュームを詰め込んだ作品であるといえるでしょう。

改善されたポイントとしては、難易度変更の要素が前作には無く、一度クリアしたら、もう終わり・・・みたいな感じになっていましたが、今作は「ダブルヒーローシステム」「難易度調整」があるおかげで退屈せずに2周、3周と可能です。これでより、やりこみに特化したスターオーシャンがプレイできるようになったかと思います。

また、PS版ではボイスコレクションという戦闘ボイスを集めるコレクション要素があります。これをいかに集めるかによって追加要素の量が変わってきます。これはPSPでは廃止されているため、少し追加要素などの仕様も若干変化している部分がある点にはちょっと残念。まぁ、PSの時から集めるのが難しいと嘆かれていたのでしょうがないかもしれませんけどね。

■キャラ

前作縁のあるキャラが少し登場。前作縁のあるイベントも少し投入。ストーリーはさほどつながりは無いにせよ、ちょっとしたファンサービスを含んでいます。これにより前作プレイヤーをキャッチ。

また、今作は恋愛要素が主ということもあり、主人公の恋愛のみに着手せず、その他キャラの恋愛にもシーンを分け与えています。その辺はED頼りになってしまってますが、キャラの無駄遣いを可能な限り抑えるべくとしての措置としてかなり好感を得れました。

PS版では一部のキャラのイベントが少なかったりしますが、PSP版ではイベント増補で更にキャラの無駄遣いを減らすに至って貢献。

キャラデザインのイメージが結構PS版とPSP版で違うので好みが分かれるかもしれません。

<左、PS版。右、PSP版>

renastar.jpg

声優さんも全然違います。

☆PS版

・クロード→うえだゆうじさん
・レナ→久川綾さん
・アシュトン→阪口大助さん
・プリシス→住友優子さん

☆PSP版

・クロード→浪川大輔さん
・レナ→水樹奈々さん
・アシュトン→石田彰さん
・プリシス→釘宮理恵さん

などなど、ぱっと印象が分かりやすいラインの声優さんをあげてみる。私はPS版に思い入れがあるので、PS版の方が馴染むんですけどね(*´∀`)

この2点の変更で会う合わないがはっきり出てて、PSP版の評価って真っ二つに割れたんですよね。内容だけで言えば、どっこいどっこいだし、そこまで評価の低下を招くことも無いんだけどな・・・。

■機種などについて

「PS」と「PSP」です。PSはフリーズ辺りが多少怖いものがあり、定期的にフリーズするソフトも少なからずあったり・・・。とはいっても実際フリーズしたのも長期的にプレイすることを余儀なくされた隠しダンジョンぐらいでしたけどね。

まぁ、キャラデザなどのキャラの部分に不満が無いのであれば、問題なくPSPでOKかと思います。PSでも既に完成された出来なので、どちらでもいいんですけどね・・・。

■どんな人にお勧め?

・やりこみに特化しているゲームをやりたい人
・小難しいアクションはせずにシンプルな戦闘で無双したい人
・恋愛面を打ち出したストーリーが好きな人。
・女性主人公があると嬉しい人

などなどにお勧めです。前作よりも需要幅が広いような気もします。わりと安心してお勧めできるRPGだと思います。

では(。・ω・。)ノシ
スポンサーサイト

| [レビュー]SOシリーズ | 17:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://juditto.blog.fc2.com/tb.php/57-72f2eb1d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。