FC2ブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

HOME > スポンサー広告 > title - アルトネリコ3HOME > [レビュー]アルトネリコシリーズ > title - アルトネリコ3

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

アルトネリコ3

aruto3.jpg


改めて考え直すとCERO;C(15歳以上推奨)に上げられたわけあって、エロくなってるなと・・・そんな感想が漏れてしまいますが、今作もなかなか独創的世界観を作り上げてくれたアルトネリコ3のレビューです。

RPGって余程の表現が無い限り、セクシャルの要素でCERO;Cになるのは大変珍しい事。ソニーチェックもエロには寛容的だと思ってたのですが・・・

それほどエロいということですね!(*^ω^*)




■ストーリー

今までと変わらず、ファンタジー観を描いたストーリー。性格的問題でシリアスになっていて、同情とかしづらい部分もあったんですけど、今作はキャラにもそれなりの理由を抱えたキャラも多いせいか、感情移入しやすいストーリーのような気もします。

今までのアルトネリコシリーズ全体で一つにつながる話。もちろん、単独でもプレイ可能ですが、3つのつながりを大きく示すものもあるので、設定資料集とかで補いながら見ないと全体像をつかむのは難しいかもしれませんけどね。

アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女 設定資料集

アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩 設定資料集

アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く設定資料集

■システム

アルトネリコシリーズでは最初で最後?のアクション形式のRPGになりました。PS3ではアクション系のRPGが多いですから、その流れに乗ったんでしょうね。1の頃と同じで前線へ3人で戦い。レーヴァテイル1人が援護の形で回る。

今までは事前にイベントなどをこなしていけば、詩魔法を習得できたわけですが、今作は詩魔法を調合する事で追加効果の付加が可能。詩魔法ごとに効力がバラバラだったのを一つの詩魔法に統一し、それに従属効果をつけることで、形にしたということです。

少し面倒な要素も増えましたが、アクションのある戦闘なので、色々試す方法もあり、システムとしては割と言いものにまとまったような気がします。

そして、今作CEROが上がってしまった原因の一つと思われるパージシステム。パーティーのテンションが上がっていくと,ヒロインの体が熱く火照ってしまいヒロインが服を脱ぎます



ふぅ・・・さてレビュー再開するか・・・。

システムとして注目を集めたのはエロ・・・だけではなく、ちゃんとあります!

1や2では出来なかった「周回引き継ぎ」が可能。さらに2周目はストーリーの最初からではなく、フェイズの区切り(ストーリーの途中)から開始も可能。さらに、一度クリアしたプレイヤーの引き継ぎを前提とした難易度「Hard」モードを追加。

一回プレイしただけで飽きていた今までのシリーズがこのシステムのおかげでクリア後も楽しめる熱中度を手に入れました。

割とシステムとしては退屈だったアルトネリコシリーズですが、今作は色々詰め込んだおかげでシステムも割と評価できる点がありましたね。

まぁ、詰め込んだ分だけ、数々のダメな点がいくつか生まれてしまったのが残念なところ。

「デバッグモードをそのまま残してしまった」

プロアクションリプレイのような改造紛い(能力とかレベルとかいじり放題)のことが出来てしまいます。今更にデバッグモードを残してしまうのはなんとも・・・。

「エンカウントが若干時間かかって気になる」

「動き、当たり判定、全体的にアクション要素として不安定」



動き自体がそれほど悪いわけではないが、快適とは言えない。音ゲー要素のある戦闘部分ではボタン遅延なので、うまくいかなかったりと・・・。

わざわざ3Dにせずに2Dのまま残してくれれば良かったのだ・・・そして、その可愛いCGの方を脱がせ・・・ry

結局マイナス要素が多めで良い要素もあまりよいと認識されなかったのではないかなと・・・。

■キャラ

ヒロインに当たる面が今まで以上に個性豊かなので、その辺は心おきなく楽しめます。

少しコスモスフィアに電波なキャラも増えた気がします。まぁ、どのシリーズでも電波なシナリオはあるはずなんですけども・・・(笑)

今までのシリーズから見ても有名な声優さんも多かったんですが、今作は自分の好きな声優さんがかなり多かった。

・杉山紀彰さん(NARUTOのサスケとか)
・後藤麻衣さん、(恋姫†無双の劉備とか)
・喜多村英梨さん、(とらドラの川嶋亜美とか)
・坂本真綾さん(ガンダム種運命のルナマリア・ホークとか)
・ゆかなさん(コードギアスのCCとか)
・広橋涼さん(CLANNADの藤林杏とか)
・小林ゆうさん(STEINS;GATEの漆原るかとか)

意外とキャライベントが見るのが楽しかったです。2だと子安武人さんとか、銀河万丈さんとか、緑川光さんとか、諏訪部順一さんとか男性陣の声優さんが豪華すぎて、女性声優さんのインパクトが擦り減ってしまったため、紹介してませんでしたが・・・(自身が女性声優さんが好きなため)、2もかなり豪華かと思います。

■機種などについて

「PS3」のみ。特に語るところなし

■どんな人にお勧め?

システムは良くなっても快適性だったり不十分な点は多いです。システムに期待する人は別のPS3のRPGの方がいいかと思います。

前作などをすべて経験しており、アルトネリコシリーズの世界観に惚れている方であれば、満足いける出来カとは思うのですが、やはり人を選ぶシリーズと言えるものがあります。

初見でも十分楽しめる作品ですけど、安易にプレイして楽しめるかどうかは微妙。割り切ってプレイできるなら満足いくキャラゲーム。

PS3ではとりあえず、システムとしての詰め込みは良かったので、システムをよりよいものにするべくリベンジしてほしいものですが、アルトネリコシリーズとしてはとりあえず形がまとまってしまったので、残念・・・。

別の作品としてガストとバンプレストの共同開発で、また楽しいものを作っていってほしいですね♪

今回のレビューはここで終了です。見ていただきありがとうございました(。・ω・。)ノシ
スポンサーサイト

| [レビュー]アルトネリコシリーズ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://juditto.blog.fc2.com/tb.php/40-646ac3a9

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。