FC2ブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

HOME > スポンサー広告 > title - アルトネリコHOME > [レビュー]アルトネリコシリーズ > title - アルトネリコ

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

アルトネリコ

aruto1.jpg

コンシューマ機にエロゲ登場!?アルトネリコのレビューです。

今になってはただのギャルゲーでも女の子の露出が際どいシーンも増えてきたような気がしますが、

この作品は露出よりも明らかに狙った感じの下ネタ表現が多いのがなんとも・・・(笑)

↓↓↓




こんな内容入れれても、CERO審査でもCERO;B(12歳以上推奨)であるというね・・・(笑)

■ストーリー

ふざけた展開、主にお色気シーン全快なゲームですけれども、これをただの普通のお色気ゲームと一緒にしてはなりません。

かなり練りに練ったファンタジーの世界観。それから展開する素晴らしいストーリー展開。キャラはキャラで印象付ける為にキャラ別のイベント枠を用意。ストーリーにもキャライベントにも力を抜かないこの所存。

なかなか好感持てる良い感じなのではないかなと思います。

■システム

戦闘システムはコマンド戦闘。一人のレーヴァテイルという歌姫が戦士達のために歌い。その3人の戦士達がレーヴァテイルを守るといった感じをコンセプト。一戦一戦に時間がかかる長期戦型で、歌を歌い続けると溜まるエネルギーを放出して倒す爽快感があるゲームです。システムとしては粗い感じがしますが、発想は良いと思いました。

アトリエシリーズと製作会社が同じなので、調合のようなシステムはありますが、あまり発展的ではなく、買ってきたアイテムをただ混ぜていく感じ・・・。本当に戦闘システムなども含めただの作業ゲーと言える部分があったのは若干気にかかりました。

エンカウントはランダムエンカウントですが、イリスのアトリエ エターナルマナ2で出てきたようなエンカウントは一定回数までと言う限度が設定されるため、無駄なエンカウントは避けることが可能

育成要素は経験値で育てる普通のタイプですが、歌姫の詩魔法を覚えさせていくには歌姫専用のイベントを行わなければいけない。それがコスモスフィアという場所によるイベントです。(ダイブシステムと言い、レーヴァテイルの心の中の深層意識に他の人の意識を送りこませるというもの)

コスモスフィアでのイベントはヒロインたちの心の中をより知る為のイベントなので、どす黒い感情だったり、ふざけた感じだったり、なんでもありなイベント枠なのでネタが強いイメージがあります。

このコスモスフィアでのイベントを面倒くさい(楽しくない)と思うか思わないかで成長に影響する部分も出てしまうので、合わない人にとっては煩わしいイベントに見えてしまうかもしれません・・・。

また今作品ではEDが複数存在し、それぞれヒロインキャラのEDを見ることができます。ですが、そのために周回要素を万全に用意しているのかと思いきやそうでもない。引き継ぎは無しでの周回スタートになる為、やる気が削がれます

何度もやりたくなる熱中できるシステムが無いのは少し残念といったところ。

■キャラ

コスモスフィアでのイベントのおかげでキャラに関しては足らぬこと無く楽しめます。

今作でメインとなる歌姫、レーヴァテイルの紹介です。

ミシャ↓

c_3.jpg

( ゚∀゚)o彡゚幼女!幼女!

オリカ↓

c_2.jpg

可愛い~!\(>ω<)/

シュレリア↓

c_10.jpg

( ゚д゚)ポカーン

(初回プレイ時のキャラの感想です)

いや、最初は本当にポカーンっとしてたんですけど、プレイし終わった後は・・・


シュレリア様可愛い(*^ω^*)ウへヘヘ~!状態でしたよ。シュレリア様は度肝を抜く最高に萌えるヒロインだった(笑)

ぜひ皆さんも彼女の正体を確かめて、萌えてください(笑)

その他簡易的説明。

・自己主張が強い熱血系男主人公
・女たらし兼、面倒見がいい若い青年
・ボクっ娘
・明るく元気、頼れる騎士
・優等生で親しみも良い温厚な青年

辺りが登場します。主人公以外のキャラのイベントはわりと少ないようにも見えますが、コスモスフィアでもよく登場するので、なんだかんだで、親しむ機会も多く、キャラの無駄遣いがほとんどない部分は称賛出来るかと思います。

■機種などについて

「PS2」のみです。BEST版が発売されていますが、具体的なバグ修正報告があるかどうかは不明。とりあえずBEST版でも修正されてないバグは残っているようで、一部ストーリー進行を妨げるバグが存在するが、事前にセーブなどを怠らなければ対処可能で、さほど問題ないレベルのものが少しある感じ。

BEST版も無印も大した変化はないと見えます。

■どんな人にお勧め?

・ファンタジーなストーリーとキャラを申し分なく楽しめるものが良いという人
・BGMと曲が素晴らしいものを聞きたいという人

主にゲーム面ではなく、そのゲームの内側部分に触れる楽しみが多いゲームだと思います。よってゲームシステムを楽しみたいと思っている人にはお勧めできません。

癖があるのは間違いないですが、一度ハマったらやめられないぐらいの中毒性があるゲームだと私は感じます。

今回のレビューはここまでです。読んでいただきありがとうございました(。・ω・。)ノシ

スポンサーサイト

| [レビュー]アルトネリコシリーズ | 16:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://juditto.blog.fc2.com/tb.php/38-0929b92e

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。