FC2ブログ

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

HOME > スポンサー広告 > title - ペルソナHOME > [レビュー]ペルソナシリーズ > title - ペルソナ

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ペルソナ

446.jpg

ペルソナ4アニメも近い事だし、一気にペルソナシリーズのレビュー書くぞ!!







■ストーリー

とてもシリアス・ダークな要素が強く、明るいノリを期待してプレイするのはとてもじゃないが無理です。

ストーリーは本編二つに分けられており、両方のストーリーをまんべんなく楽しめるので、ストーリーが合うかどうかでこの作品の評価は大きく変わってくるような気もする。

■システム

まず、本格的なわけではないが、難易度が比較的高い事が多い代名詞「3DダンジョンRPG」の要素があるところが一番のポイント。

本格的な3DダンジョンRPGに比べれば、全然大したこともないと言えるけど、それでもダンジョンの構造に迷っている間に、強い敵がどんどん出てきて、こちらの全滅を煽ります。

ダンジョンの構造トラップ(動く床、落ちる穴等)はあれど、選択肢を迫られて、失敗すると大打撃を受けるトラップなどはほとんどないので、ダンジョンをいかに上手に動くかによって難易度が大きく変化するものがあります。

このゲームの戦闘は「ペルソナ」「武器」の二つに依存するわけですが、やり方次第で軽々に攻略出来てしまうバランス設定も微妙なところですね。一部の武器などが強すぎるので他の武器にお世話になる面が減ってしまうと言う面がありました。序盤こそはそれで良いけど、後半はインフレしてましたね・・・。

また、ペルソナは敵に交渉することで得られるカードを利用しペルソナ合成に役立てます。カードを合成させて自分自身の好きなスキルを持ったペルソナを自由に作成できます。そこで必要となる交渉なのですが・・・

些細な敵でも会話で油断すると襲いかかってきてしまうし、色々大変です。安全と思って油断したら致命傷を与えられることもあります。この辺は良い緊張感があって良かったと。本家「女神転生」シリーズの請負ですね。


■キャラ

ストーリーが暗い事を良い事に、キャラの特徴も一癖あるものが勢ぞろいです。人間が得体の知れない何かに変貌することが多く、軽くグロテスクな生き物に変わることもしばしば・・・。

自身のパーティーメンバーは学生らしい明るいノリもあると言えばあるのですが、それでも心の中に秘めた卑しき感情で互いが互いを攻撃したりして、とても醜いです。明るいノリが好きな私には少し相性が悪かった^^;

これが本来の形とも言えるわけですが、これはこれで味があるし、好みに合う人も結構いるんじゃないかな・・・。


■機種などについて

「PS」「PSP」だけかと思ってたんですが、WindowsのPCでもプレイ出来るんですね。これは知らなかった・・・。

PS版はシステム面で割とシビア(例えばセーブポイントが少ない)に作られているので、ちょっと難易度を求めるならPS版。多少のアレンジと追加要素、一部のカットを挟むけど、安定しているのはPSPですね。

■どんな人にお勧め?

・暗くて鬱になりそうなストーリーが好きな方
・多少の理不尽さに耐えきれるRPG慣れしている人

にお勧めです。

ドラクエやFFが一般受けされるのに対し、ここらアトラスの作品ははるかに一般受けしにくいタイトルが多いのも特徴的ですよね・・・。

その分特徴がものすごく濃いので、一部ファンには大層好かれる作品であるというのもまた事実というわけですが^^
スポンサーサイト

| [レビュー]ペルソナシリーズ | 10:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://juditto.blog.fc2.com/tb.php/171-17b38867

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。